自分の肌にあったケアをしよう|敏感肌の洗顔方法

ウーマン

洗顔法を変えてにきび改善

基礎化粧品

やさしく丁寧に洗う

お肌が弱い敏感肌の人は、肌トラブルを起こしやすいと言われています。自分の肌に合う化粧品を見つけにくかったり、毎日のスキンケアを慎重に行わなければいけないなど、お手入れの際は特に注意をしなければならないことがたくさんあるでしょう。ただ、意識をちょっと変えるだけで肌トラブルを回避することができます。たとえば、敏感肌の人はニキビができやすい傾向がありますが、洗顔方法を変えるだけでニキビが改善されるので、実践してみましょう。まず、洗顔の際に使用する洗顔料は、必ず自分の肌質に合うもの、やさしい成分で作られているものを選びましょう。最近は無添加の洗顔料もありますので、取り入れてみると良いかもしれません。そしてこの洗顔料をよく泡立てることが重要です。キメが細かい泡はお肌への刺激が少なくしてくれます。泡立て用ネットなどを使用してこのキメが細かい泡をたっぷり作りましょう。顔にのせて洗う際は、肌をごしごしと指や手で強くこすって刺激を与えないようにします。泡で洗うようなイメージでやさしく丁寧に行うことが大切です。そして仕上げのすすぎは、泡を残さないように時間をかけて丁寧にすすぎましょう。使用するのは必ずぬるめのお湯です。お湯が熱すぎると乾燥肌を引き起こし、他の肌トラブルの原因になってしまう場合があるからです。ちなみに、顔を拭くときもタオルでお肌を強くこすったりせず、顔にタオルをあてて水分を吸収させるようにふくとお肌に負担がかからず、刺激も軽減されるでしょう。もちろん、洗顔後は自分のお肌に合う化粧水や乳液を使用して保湿を十分に行うことも大切です。自分の肌質に合う無添加の洗顔料を取り入れ、お肌に刺激を与えず丁寧にやさしく洗顔することで、敏感肌の人も安心してニキビを改善できます。特に敏感肌だとニキビができてしまったときのケア方法が難しい場合がありますので、洗顔を見直してみると良いでしょう。

肌質を改善するには

化粧品

肌の間違ったお手入れやお手入れのしすぎは、敏感肌の原因になります。過度なお手入れはバリア機能低下に繋がるので注意が必要です。肌質を改善するなら、良質でピュアな化粧品を使ってシンプルなお手入れをすることが大切です。

潤いを与える基礎化粧品を

女性

敏感肌は正しいケアをすることで改善が可能です。特に重要なのは、乾燥を防ぐことです。そのためにはセラミドが配合されている基礎化粧品を選択すると良いでしょう。また保存料やアルコールなど、余計なものが含まれていないことも大切なポイントです。