自分の肌にあったケアをしよう|敏感肌の洗顔方法

ウーマン

肌質を改善するには

化粧品

最小限のお手入れをする

敏感肌は、先天的になる人と後天的になる人がいます。生まれつきの遺伝で敏感肌になる人はごくわずかで、ほとんどの人が後天的になると言われています。敏感肌になる原因の一つに、お手入れのしすぎ、肌の甘やかしすぎがあります。肌が乾燥するからといって、頻繁に洗顔をしたり化粧水をつけたりすると、ますます乾燥します。また、まだ若い10代のうちから、40代や50代の人が使う高級エイジングケア化粧品を使ってお手入れをしていると、肌が栄養過多になって甘やかされてしまいます。結果的に肌自身が持つバリア機能が低下し、どんな化粧品でも荒れてしまう敏感肌になってしまうのです。敏感肌を改善するには、「シンプルケア」を心がけることが大切です。最小限のお手入れをすることで、肌のバリア機能が復活します。洗顔は手作りの枠練り石鹸がお勧めです。いろいろな美容成分を配合している石鹸よりも、シンプルな素材だけで出来ているピュアな石鹸のほうが肌質改善に繋がります。石鹸はよく泡立てて、優しく汚れを浮かすようにして洗うのがポイントです。シンプルケアといっても、洗顔後にただ化粧水をつけるだけではだめです。化粧水をつけたら、乳液やクリームで保湿をすることが大切です。最小限のお手入れをしたいなら、オールインワンがお勧めです。最近は敏感肌用の合成界面活性剤フリーのオールインワンもあります。オールインワンなら最小限のお手入れで、肌の水分補給や保湿維持ができます。